【お役立ち】梅雨のジメジメ カビや結露の防ぎ方 | ナカソネ住設株式会社|水漏れ、つまり、故障など水回りのトラブルはお任せ下さい
ニュース

お役立ち

【お役立ち】梅雨のジメジメ カビや結露の防ぎ方

ナカソネ住設のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

広報の川鉄です^^

 

梅雨に入り、毎日湿度が高くてジメジメしますね。

この時期は、カビや結露が発生しやすく憂鬱になりますよね。

 

浴室は特にカビが発生しやすい場所ですが、

このカビの発生を防ぐには室内を乾燥した状態に保つことが一番効果的です。

 

多くの方は、お風呂に入った後、浴室の窓やドアを開けて湯気を逃がすことで

乾燥させようとされているのではないかと思います。

しかし、窓やドアを開けた自然換気では乾燥に時間が掛かってしまい、

朝になっても天井の結露水が乾かずカビの原因となりかねません。

 

では、より効果的に換気をするにはどうするかというと、

窓もドアも全部締め切った状態で換気扇を回しましょう!

ご家族がいらっしゃる方は、一番最後にお風呂から出た方が、

窓やドアを締め切り、換気扇を回しておきましょう。

 

乾燥する時間は浴室の広さにもよりますが、大体4~5時間あれば

浴室内の結露水や水気はなくなっていると思います。(夏場なら3時間程度でも)

 

なぜ、換気扇を回しながら窓やドアを締め切ると乾燥が早くなるのかというと、

締め切った状態で換気扇を回すことで浴室内が負圧となり、

ドアのガラリ(換気口)から空気を浴室内に取り込みます。

その空気の流れで床下から乾き、浴室の壁、天井の換気扇周りまで水気を取ってくれるというわけです。

いわゆる強制換気ですね。

 

お風呂の設置状況、環境により全てのお宅に当てはまるとは言い切れませんが、

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

***************************************

水漏れ、つまり、故障やクリーニングまで
水まわりのお困り事はナカソネ住設にお任せ下さい。